本文へスキップ

ささら館内のご案内

概要




道の駅上平「ささら館」は・・・
 

1ドライバーのための休憩機能
2地域の情報発信機能
3活力ある地域づくりを共に行うための地域の連携機能

 







“ささら”とは・・・?



  “ささら”とは、五箇山民謡「こきりこ」で、男性の踊り子が手に持っている楽器を指します。短冊型の薄い板を数十枚合わせたのもで、両端を持って音を出します。五箇山では百八枚の板を編んだものを使い、百八煩悩を払拭するという意味があります。

 また、「こきりこ」は、越中五箇山・上梨の山里を中心に伝承された全国的に有名な古代民謡です。「越の下草」や「奇談北国巡杖記」などの古文献にも記載され、大化の改新の頃から田楽として歌い継がれてきました。
 昭和50年に英国のエリザベス女王の来日の際、宮中晩餐会に「こきりこ」が日本を代表する古謡としてバック音楽に流されたり、ウィーン少年合唱団の演曲に取り入れられたり、公立小学校の音楽の教科書にも取り上げられたりと、国内外にとどまることなく、広く活用されています。
 世界遺産として高く評価され、永久的保存が叫ばれている合掌造りとともに、「こきりこ」をはじめとする五箇山民謡は、歴史的遺産として今も地元の人々によって大切に伝承されています。

毎年9月25日、26日には白山宮境内にて「こきりこ祭り」が開催されており、「こきりこ」、「麦屋節」、「といちんさ節」などの五箇山民謡を一度に楽しむことができます。


一、 筑子の竹は七寸五分じゃ 長いは袖のかなかいじゃ
一、 踊りたか踊れ泣く子をいくせ ササラは窓の許にある

一、 向いの山をかづことすれば 荷縄が切れてかづかれん 
一、 向の山に啼く鵯は 啼いては下がり啼いては上がり
   朝草刈りの目をばさます 朝草刈りの目をさます
一、 月見て歌ふ放下のコキリコ 竹の夜声の澄みわたる
              ・
(おはやし) 
  窓のサンサはデデレコデン はれのサンサもデデレコデン


ご利用サービス


           施設サービス         内容 
 お食事(ご団体専用)  要予約
 お食事(2店舗)  定休日・営業時間はお店によって異なります
 お土産(3店舗)  定休日・営業時間はお店によって異なります
 お手洗い
(おむつ換台有り、身障者専用トイレ有)
 24時間 ご利用可能
 公衆電話  24時間 ご利用可能
 駐車スペース
乗用車62台、大型バス10台

 24時間 ご利用可能
 道の駅観光案内窓口
ご休憩スペース
(有料のマッサージ機、健康チェック機)
 8:30 〜 17:30
 乗務員休憩室  要相談
※ 当館は宿泊施設を併設しておりません。ご宿泊先をお探しの方はこちらへ



道の駅


  只今2枚ご購入につき、合掌造り集落世界遺産
  登録15周年特別きっぷを1枚プレゼント中!!
  (こちらは非売品です。なくなり次第終了。) 
 
   旅の想い出を残してみませんか?全国のきっぷ
  を集めてみるのも、旅の楽しみになりますよ。
   幸運な方には限定の“幸せきっぷ”が出るかも
  しれません!?







   道の駅上平のオリジナルスタンプです。富山県内
  には14箇所の道の駅があり、それぞれ特徴のあ
  るデザインでお創りしています。

  ※今年度は北陸版スタンプ帳は発行されていませ
   ん。ご注意ください。







  
  スタンプを集めて、お得な特典をゲットしましょう。    

  ◆ 越中富山ふるさとチャレンジ スタンプラリー
    http://www.ecchu-challenge.jp/